【初ソフビ】タレヌーをソフビ化してみた

前々から気になってはいたのですがついに今年(2024年)からソフビ制作に手を出してみました。

せっかくの初ソフビなので記念にいろいろ書き残しておこうと思います(^^)

目次

①原型制作〜初回提出

②原型チェック〜磨き〜最終提出

③蝋型制作

④金型制作

⑤成型

⑥バリ取り〜塗装

⑦梱包

①原型制作〜初回提出 2024年1月

いつも通りZBrushで作りました。ソフビならではの形状の制約があるため、一通りネットで情報を漁って落とし込んで作りました。元はガレキ版の「怪獣タレヌー」です。この原型をそのままサイズ大きくして出力。

ガレキ版についてはこちら → 【オリジナルフィギュア】怪獣タレヌー

サイズも迷ったのですがガレキ版よりは大きく、かといって持ち運びとか飾るのに場所取りすぎるのも困るので、ほどほどに。あと、金型1枚に収まらないと金額がまた跳ね上がるのでやっぱりほどほどに。

あとパーツ分割も大事で、最初は2パーツ構成で作ってました。

ネットで探した金型業者さんへ問い合わせてから原型を郵送。後日連絡が来て全額振り込んでから、初回の打ち合わせとなりました。

打ち合わせの場にて、送っておいた原型をもとにいろいろとここはこうしたほうがいいとかコメントを頂きました。原型に直接書き込んでもらったり、写真付きで細かく修正箇所をまとめた資料も事前に準備してもらってたりと、かなり分かりやすくすすめてもらえて安心でした。

ご指摘頂いた主なポイント
・全体的に、エッジ(前髪の輪郭などなど全部)がシャープすぎる。→ほぼ全身に手をいれることに。
・ただし成型時に引っこ抜く際どこに当たらずに引き抜ける位置はシャープでもOKとのこと。
・塗装が大変そうなので脚パーツを分割して3パーツになりました。
・3パーツにしたら服のすそ部分が細すぎるとのことでややふっくらと。
・足裏の刻印(自分の名前とかMade in japanとか)の線が細いので太く、入り口は広く。

などなど細かくチェックして頂き、いったん持ち帰って修正しました。

↑まだエッジがシャープな状態。ソフビ用にもっとまるっとさせます

②原型チェック〜磨き〜最終提出 2024年2月〜3月

初回の打ち合わせで頂いたコメント分を反映させて2回目の打ち合わせへ。今回は3パーツに分けたのである意味振り出しに戻って直接見て頂いた感じです。3パーツ化及び初回でのご指摘箇所の修正は概ねOKでした。足裏の刻印だけはまだ改善ポイントありでした。

出力品ゆえの積層跡について、少しでも残っていたらのちのちソフビになっても反映されてしまう例があるらしく、念入りに見てもらうため、次回はサフを吹く前に積層を磨いた状態&足裏修正ver.でチェックをしてもらうことにしました。

持ち帰って足裏の刻印を直しつつ、積層も全消し目指して磨きまくりました。そして3回目の打ち合わせへ。足裏も積層磨きも直接見て頂きOKだったので、次はサフ吹いた状態で持ってくることになりました。

持ち帰って最終的な仕上げのためサフを吹きつつひたすら磨きます。。サフ吹いて、よしっと思っても翌日改めて見るとうーんって箇所があり、を何度か繰り返しました。

磨きが終わったら4回目の打ち合わせへ。最終的な原型としてOKを頂き無事に原型の最終提出となりました。初のソフビ制作ということもあり、かなり念入りに見てもらってとってもありがたいです。

↑完成した原型。ガレキ版よりエッジがまるっとしています

↑3パーツ構成となりました。磨きもがんばりました

↑足裏の刻印に苦戦しました

③蝋型制作 2024年3月〜4月

次は蝋型(ワックス原型)の制作です。提出した原型のシリコン型を作って溶かした蝋を流し込んで蝋型に置き換えます。この工程は金型業者さんでまるっとやってくれます。ありがたいです。

蝋型が完成したので伺ってチェックさせてもらいます。特に問題なくピカピカに仕上げて頂きました。

ただし、大変残念なことに蝋型は次工程の金型を作る際に溶けて消えてしまう運命なのです。せっかく超きれいな状態なのにもったいないけど仕方ないのです。記念に写真がたくさん撮らせてもらいました。

今回の5回目の打ち合わせでは蝋型チェックと併せて成型についてのお話もさせて頂きました。白か薄いクリーム色かなーと迷っていたのですが、薄いクリーム色でお願いしてみました。ここまでの金型業者さんと成型業者さんは別なのですが、初回は金型業者さん経由で依頼をしてもらえるそうです。

業者さんによるとは思いますがデザイナーとかが使いそうなカラーチップというか、束になった色見本から選べるとのこと。あまり塗装しない感じのソフビなら色々選ぶのが楽しそうです。(タレヌーは顔が白とか薄い色なので、成型色が濃いと塗装時に透けとか気になりそうで、まずは薄めの成型色にしてみた次第です)

ゆくゆくは透明なクリアー素体とかも見てみたいなと思ってます( ´ ▽ ` )

↑提出した原型をもとに作って頂いた蝋型

↑ピカピカにきれいに作って頂きました

原型だけはなく、蝋型作成までを自分で作る方もいて、Amazonでは、

ロストワックス 鋳造用 SDワックス

のような材料も販売しています。ただソフビ化までの流れにかなり詳しい方が身近にいたりしないとなかなか難しそうです。金型や成型の作業まで見越して作成する知識と技術が必要となると思われます。

④金型制作 2024年5月〜 いまこのへん

蝋型を使って金型を作ってもらいます。引き続き業者さんでまるっとやってくれます。ありがたいです。

⑤成型

実際にソフビができる工程です。金型にゾル(ソフビの原料となるとろ~りとした液体)を流し込んで、温めて、ソフビができあがることを”成型”と呼ぶそうです。もちろん成型業者さんへまるっとお願いします。ありがたいです。

⑥バリ取り〜塗装

バリ取りや塗装は自分でやろうと思ってます。ソフビカラーとか塗装マスクとかイチから勉強です。

⑦梱包

それっぽくタグをつけて袋詰めして、ワンフェスやデザフェスで販売しようと思ってます。どきどき。

夏のワンフェス(WF2024s)でデビューできるかな、無理かな。

カテゴリー : フィギュア制作

hanju_eyecatch
xmas_train14-kansei
ちいさなフィギュアをつくる(ひつじキャラ)
3Dプリンター
Web制作
ZBrush
イベント
フィギュア制作
プラモデル
自作マンガ
雑記